毛抜きのせいで肌が腫れないようにする方法

女性たちにとって体毛は美しさと反対に位置する存在であり、ツルツルでスベスベとなった1本も毛が無い状態こそ美人の証明とすら思われている時代です。

そのため毛に敏感な方はとても多くて、ちょっと時間があればピンセットやカミソリで毛抜きをしてしまいますね。


でも、キレイにさせたいはずだった行為なのに、かえって逆効果になるのをご存知ですか?

友達がやってたから除毛クリームを使うとか毛抜きで何百本も強制的に無くすのが正解では無いのです。
肌は個人差があるので、他人には出ない症状が自分には出てくる腫れもあります。

正しい知識を持たずに毛抜きをやっていると、みるみる腫れが広がって手遅れになるケースも後を絶ちません。
そうなる前に、脱毛するならプロの手に任せるのが一番なのです







⇒ 脱毛ラボで美しい毛抜きを体験






肌の腫れやリスクを減らす毛抜き方法



1.毛穴を開かせる

自分で毛抜きをする際は肌の状態が固いままでは抵抗が生まれてしまい腫れの原因を作ってしまいます。
スポッと毛がスムーズに抜けるためには肌の表面を温めます

お風呂がベストですが、蒸しタオルを当てるのもOKです。
男性が床屋さんに行くと髭剃りをする前に温かい蒸しタオルを1分ほど髭に当てておいてから髭剃りを始めるのと同じ原理です。
肌も毛もふやけてくれるので、カミソリの刃に引っかかる事もなく剃れるんです

毛穴が開けば、肌にとっても毛抜きされる抵抗が少なくなってツルンとピンセットでも抜きやすくなります。







2.毛穴の方向に合わせて抜く

毛は肌と垂直に生えていなくて、部位によってそれぞれがどこか一方の方向を向いています。
毛穴が左上を向いているのに右上に毛抜きするのでは抵抗を産んでしまい、肌に傷を付けやすくなります。
その小さな傷でも万が一、バイ菌が入ってくると肌が腫れる可能性があります。

なので、毛穴の方向に合わせて毛抜きするほうが腫れのリスクを減らせます。







3.強引には抜かない

力任せに毛抜きをすれば腫れの原因を深めてしまうので、優しくソフトに毛抜きを行います。
川のせせらぎの如く、静かな柔らかい力でも毛抜きができるはずです。

ここまでで肌を温めて毛穴が開いた状態にされていて、毛穴の方向に引き抜けば比較的抜きやすくなっているはずです。







4.毛抜き後はケアも必要

毛抜きを終えたから何もしないままだと腫れる可能性はまだあるので、ちゃんとアフターケアするのが重要です。
ローションやクリームなど肌を守るケアをして、バイ菌が入らないようにしたり毛穴が引き締まるものを用意しておきましょう。

脱毛ラボでも毛抜きのアフターケアについて詳しく丁寧に書かれています。

⇒ 脱毛ラボ公式サイト





ピンセットで毛抜きをするデメリット



【毛抜きが売っているお店はどこ?】

先述したように毛抜きと言えばピンセットが最も一般的です。
どこの家にもありますし、ダイソーやセリアなど100円均一でも売られてますから気軽に入手できます。

100円均一で毛抜きを探すときの商品名は、

・貝印のPCハンドル毛抜き
・資生堂のアイブローニッパーズ
・ロージーローザ
・高田毛抜
・白十字のFC毛ぬきセット
・松毛抜き
・ステンレスハイグレード毛抜き
・毛抜ブラックベーシック


などが売ってます。どれも100円なのに優れものばかりです。

ムダ毛を処理する専用のピンセットを持ち歩く人も普通にいますが、実はこの毛抜き方法は大きなデメリットも潜んでいます。





【ピンセットで毛抜きをする流れ】

これは説明するまでもなく至ってシンプルですね。毛を1本ずつつまんで引き抜くだけです。
でも、1本ずつ引っ張るのはとても大変な労力ですし、その都度痛いですね。
眉毛やホクロの毛など少数ならともかく、腕の毛や脇毛だと数百本を1つ1つ引き抜くのは時間と痛みがずっと伴います。





【ピンセットで毛抜きをして起こりうるトラブル】

お金も掛からず、外出先のお手洗いでも数分で終わる毛抜き方法でもあるので人気があるやり方ではあるものの、その一方で毛穴や肌へのトラブルを引き起こすケースもあるんです。
有名なのが埋没毛と言われる症状です。

埋没毛とは、ピンセットで毛抜きがされたときに毛根から抜けずに途中で切れてしまい、その結果再び生えてきた毛が本来の毛穴からちゃんと出てこれずに肌の中で埋もれて、そのまま伸びようとしてくる事を指します。
非常に見た目が悪くなります。

さらに酷くなると炎症を起こします。
毛嚢炎などが知られていますが、不自然に強制的に引き抜かれた毛根の周りに傷が付いてバイ菌が入って、膿みを出したり腫れてくるのです。
毛抜きによる腫れはこれもよくあるんです。



毛抜きの腫れがよくあるため多くのエステでピンセットは禁止



脱毛をするためにエステに行かれる方たちには、施術前日にシェーバーで自己処理をするように指示されます。
この時に電気シェーバーが無いからと言ってピンセットで毛抜きする方もおられます。

でも、毛抜きをすると毛根ごと無くなるために脱毛効果が得られにくくもなります。



脱毛エステで照射する対象は黒いメラニン色素なので、それが全く無い状態だと毛に効果を与えられず、肌に直接影響する事にもなってしまい、腫れやヤケドをすることもあります。

そのため、もしピンセットで毛抜きをしてしまった場合は脱毛のキャンセルや延期になるケースもあります。
これはエステによっても変わりますが、単なる延期で済ませてもらえるのか脱毛1回分を消化させられるのかは事前にエステに確認すると良いですね。




脱毛前に毛抜きを指示された時の方法は?



⇒ 楽天家電約198万品目でランキング第1位!「ケノン」




これは普通のエステや医療脱毛でも同じように言われるのですが、事前の自己処理は電気シェーバーが良いです。
2000〜3000円で売られてますから、手間や痛みのある毛抜きやリスクのあるカミソリを使わずに、効率よく剃れます。カミソリとの違いは刃から肌をガードしてくれてスムーズに広範囲を剃れるとこですね。

濃い部位は黒いブツブツが気になるかもしれませんが、脱毛処理されれば無くなるので、自己処理は前日にやっておけば誰にも見られる事もありません。


ちなみに、ピンセットの毛抜きでは腫れができやすいためNGですしそれと同じようにワックス脱毛やテープで剥がすような行為も毛根からゴッソリと毛が抜かれますからNGです。
人によって過剰に毛抜きをしたがるのも見られるので念のためです。

特にデリケートゾーンであるVIO脱毛は、カミソリや毛抜きの自己処理では腫れやリスクもあるため、プロである脱毛ラボのシェービングサービスを受けるのも手段の1つです。


⇒ 脱毛ラボ公式サイト




毛抜きをした後に医療レーザー脱毛は危険?



脱毛エステではなく医療レーザー脱毛もやはり毛抜きは禁止です

医療レーザー脱毛もエステと同様にメラニン色素を対象にしているので、完全に毛抜きがされた状態では効果が薄まりますし、レーザーの熱が肌に当たるので腫れてしまいます。

エステやクリニックは毎日何十人も施術を対応しているその道のプロたちですから、自分の考えだけで毛抜きの判断をするのではなく、分からないことは聞いてしまったほうがキレイな肌を保てますよ。




毛抜きとお肌の腫れに関するみんなのQ&Aまとめ


【Q】自宅で無理に毛抜きで処理したらこんな風に腫れてたんです。
キレイになるはずだっただけにビックリで、あまり触れないようにと思ってますがどうすれば治りますか?




【A】恐らくですが無理に毛抜きをされたせいで、肌に細かな傷ができてバイ菌が入ったんだと思います。
それでも原因が特定できないと危ないので早めに皮膚科を受診されたほうが良いです。








【Q】ワキ毛を処理すればニオイが抑えられると友達から聞いたから、毛抜きを買ってきて部屋でワキ毛を抜いて数日後、ニオイが抑えられるどころかキツくなったんです。
毛抜きじゃマズかった?
剃ったほうが良かった?
ニオイを消すために毛抜きしたのに、これじゃもう泣きそうです。。。



【A】ワキ毛を毛抜きで処理するのはヤメたほうが賢明だよ。
私も昔やってたけど、毛抜きで抜くのは汗線が刺激されてニオイがますます悪化すると聞いた経験があるの。
自分でやるとトラブルの時に自己責任になっちゃうし、酷くなったのを抑えるほうが困難だと思うわ。
毛抜きするなら短くカットするとか、脱毛エステのほうが責任持って処理してもらえるわよ。










【Q】毛抜きの最中に感じたのが『毛って太いのと細いのがあるのは何故?』っていう疑問。
なんとなくだけど毛の細いのは痛くなさそうで、毛の太いほうが痛いのかな?



【A】毛抜きによる痛みは毛が感じるわけではなく、毛穴にあります。
痛みを感じる神経は皮膚にあり、強制的に抜けば痛みも大きく感じます
皮膚も部位によって痛い場所と痛くない場所があります。

たとえば、ヒジやヒザは関節になっていて人間が日常的にぶつけやすいため、痛覚が鈍いです。
思いきりツネっても他より痛くないはずです。

毛抜きをする部位もVIOなどデリケートゾーンだと比較的痛いのですが、お風呂に30分浸かった後など毛穴がグンと開いた状態だと肌も柔らかくなってとても毛抜きが行いやすい状態ですよ。







【Q】跡が無くなるくらいキレイになるから毛抜きを使って家の部屋でポツポツ抜いてますが、
永久に抜けてくれるわけではないの?
毛の根っこから新しいのが生えてくるのが不思議です。



【A】はい、一度毛抜きがされてもまた生えてきます
毛穴の中に細胞はあるので髪の毛のようにまたいずれ生えますが、毛周期によるので1ヵ月2ヵ月とゆっくり伸びてきます。







【Q】誰か教えてください。最近ムダ毛を毛抜きで抜いてますが、抜きすぎているのか軽い炎症が出てきたんです。これは保湿クリームとかで治りますか?




【A】いや、自分で抜くのを辞めない限り、変わらないと思います。
抜くと炎症も起こす可能性高いよ。

鳥肌みたいになったり、最悪だと埋没毛になっちゃいます。
埋没毛の経験者だけどすぐ治らなかったです。
ケチって自分で毛抜きを使わずに除毛クリームとか、格安の脱毛エステのほうが100倍無難です。






【Q】ずっと毛抜きをやってきたけど面倒くさいです。抜いても気が付いたら生えてるからキリが無いよ。
私の毛抜き方法が下手なのかな?



【A】私も毛抜き経験者です。ハッキリ言って毛抜きは無駄だと分かりました。
当時調べていたら、毛は皮膚の中に70%くらいが入っているから表面だけ毛抜きできたつもりでも途中で切れてるのも沢山です。
毛根から抜けてないのが如何に多かったか。

あと経験させられたのが、1つの毛穴から2本3本まとめて生えてくるようになったり、力尽くでムダ毛ごと皮膚も引っ張っちゃって皮膚がたるんだ事があります。
血が出たり、化膿したり、埋没毛になったり、悲惨な記憶ばかりです。
未だに黒ずんでます。

なので、まだそこまでなってないなら毛抜きは絶対やらないでいたほうが良いです。
私はその後専門家のいる脱毛エステにお願いするようになりました。




自分で毛抜きをする脱毛はオススメできない

少しでも毛穴の腫れが出ないように低リスクでできる毛抜きの方法をお伝えしてきましたが、やはり結論としてはオススメできません。

きっと腫れを診断されるお医者さんにもそう言われると思います。
毛抜きのおかげで一時的にムダ毛を処理できたとしても、毛抜きのせいで腫れてしまった後の手間、痛み、治療費などを考えると高く付いてしまいます。

腫れの度合いも軽度なものから炎症や別の病気など重度な症状があります。

やはりムダ毛をどうにかしたいと思うのなら、その道のプロである脱毛ラボなどに身を預けたほうが結果的にキレイな肌になれて、アフターケアの心配もいらなくなります。

この時期に最速最短でムダ毛処理をしたい方はカウンセリングだけでも聞いてみると正しい毛抜きの方法を教えてもらえますよ。








⇒ 脱毛ラボ公式サイト